薬剤師の転職について

薬剤師の転職活動について

薬剤師の転職活動について / 活躍の場は一般企業や製薬会社もある / 治験というのは大きな活躍のフィールドになりつつある / 薬剤師の転職について

薬剤師というと向いている仕事というのは事実上決まっていて、いろいろと転職活動をすることなどないように思われるかもしれません。
せいぜい、病院やクリニックなどの薬剤部門に勤めるか、あるいは街中の調剤薬局に勤めるかくらいしか選択肢がないと思っている人もいるでしょう。
どちらにしても薬の調剤業務に携わることになるわけで、この調剤業務というのは薬剤師の特権です。
これは、医師が自分自身で処方したものを調剤することは可能という例外を除いて、他の人には認められていない仕事であり、向いている仕事というのが事実上決まっていると考えられる大きな要因かもしれません。
確かに特権ではあるのですが、しかしだからと言って調剤以外の仕事をしてはいけないとか、向いていないと決まっているものでもありません。
他でも活躍できる場は数多くあります。
最も多いのが一般企業であり、特に製薬関係の会社には薬剤師の資格を持った人も多くいます。
このように製薬企業で勤務する人は別に調剤の仕事をしているわけではありません。
薬の研究や開発に携わっている人も多くいます。
研究や開発となると、医療機関や薬局における調剤とは全く別の仕事で、転職などは容易にはできないだろうと思っている人も多いかもしれません。