薬剤師の転職について

活躍の場は一般企業や製薬会社もある

薬剤師転職薬剤師の求人・転職

確かにそういう側面は否定できず、10年間調剤だけをやってきた人がいきなり製薬会社に転職しようとしても難しいことは事実でしょう。
求められる知識や経験が全く異なるからです。
ですが、医療機関や薬局での調剤の経験もある程度活かしながら、調剤とは別の仕事に転職するという方法はあります。
大きな病院であれば、おそらく調剤業務以外に治験に関連した仕事もあることでしょう。
治験というのは新しい薬を開発するために行われる臨床試験のことで、製薬会社が企画立案するものですが実際に行われるのは医療機関においてです。
治験の主体となるのはもちろん医師なのですが、医師だけでは回らないことも多く、薬に対する知識や経験が豊富な薬剤師が活躍できる場面も多くなっています。
同じ医療機関内であれば職場が変わることもないわけですから、転職というよりは異動となるでしょうが、それだけハードルは低いかもしれません。
一方、同じように治験に関連した仕事は、医療機関の外にもあります。
一つはもちろん先ほど述べた製薬会社です。
治験の企画立案をするような仕事がこれに関係します。
そして、最近では医療機関や製薬会社以外にも活躍の場は広がりつつあります。
薬の開発には非常に長い時間とお金がかかるために、必要なときに必要な人材を外部の力で賄おうという動きが広がってきており、これは医療機関についてもまた製薬会社についても当てはまります。

薬剤師の転職活動について / 活躍の場は一般企業や製薬会社もある / 治験というのは大きな活躍のフィールドになりつつある / 薬剤師の転職について